ビル

ホテル感覚で過ごせすマンスリーマンション

不動産屋などで紹介しているマンスリーマンションの中には、トイレやキッチンが共用になっていたり、専用の浴場で共用で使用する場合もあります。トイレや浴場が共用になっている所の利便性として、住人がこまめな清掃を手掛ける事で1人当たりの作業の負担が減らせる事です。
トイレなどで使用する消耗品も不動産屋から支給される事が多いので、わざわざ自分で消耗品を買う必要がない事がメリットです。共用で使う部屋などが入っている所では、個人の部屋の内部は4畳から6畳程度の大きさに設定されています。一般の物件と比較して部屋が狭い事がデメリットですが、片付けや清掃の時間を短縮できる事がメリットです。
キッチンなどが設置されていないマンスリーマンションでは、火の元などに心配する必要が無いので、ホテルを利用する感覚で利用できます。机や家具などの最低限の生活用品を置いていて、短い時間で身の回りの清掃をするだけで住む事が特徴です。
共用部分が多いマンスリーマンションは、建物自体は小さめですが、キッチンなどの共用部分の清掃に関する負担が小さくなる事がメリットです。個室の部屋に住む時は清掃などで負担が大きくなる事に悩んでいる人も多いが、部屋の管理の作業を最小限に抑える為に割と小さい物件を選んで見る事も1つの方法です。